FPが教える資金計画アドバイス講座 特に子育て世代に知ってもらいたい! 「賃貸」と「持家」の比較ポイント
●「持家」と「賃貸」どちらがお得なんですか? 家賃を払い続けるのはもったいない?
一般的には、住宅を購入した場合と、賃貸で住み続けた場合の支払金額は、ほぼ同じなど言われていますが、どうなんでしょうか。どちらにしても支払金額は多大です。

持ち家は、「自分たちのもの」賃貸は、「他人のもの」

どちらにお金を使いますか?住宅購入か、賃貸か、現状だけでなく、「長期的な目線」で考えましょう!それぞれのメリット・デメリットについてご紹介します。
● 持家のメリット・デメリット~住宅購入の場合~

メリット

デメリット

住宅ローン完済後は、貯蓄とは別に
老後の自分の資産として残る

  • 万が一の時の資産源(持家を売却して、老人ホームに入る際の一時金にあてる)
  • 子供への財産として残せる。
  • 住宅ローン団体生命信用保険」に加入することで、住宅ローン返済中に万一世帯主が亡くなったとしても残された遺族は負担なく、マイホームに住み続けられる。

固定資産税の税金負担

若い世代は住宅ローンを最長年数の35年ローンで組める

  • 家計を圧迫する要因(教育費・食費)が少ない、子供が小さいうちに借りて、リタイア後の返済に負担をかけない。
  • 現状、住宅ローンは、頭金なし、ボーナス支払いなしでも借りられる。

転居しづらい

住宅ローンは、35年目以降は支払がない

  • 2,000万円を35年ローンで借入した場合。(現在の固定金利で計算、月々約63,000円を35年間)
  • 住宅ローンを完済した35年目以降は、住宅費負担は維持費しかかからないので家計への負担が減少。

将来の修繕費負担あり
(老朽化のためのリフォーム)

転勤がない仕事の方や、実家の相続をしない方
(家族構成がある程度予測出来る方)

● 賃貸住宅のメリット・デメリット~住宅購入の場合~

メリット

デメリット

固定資産税の税金負担がない

固定資産税の税金負担

  • 万が一の病気・要介護の時の不安や老後の住みかの保障が難しい。

自由に住みかを選択できる
生活の変化に柔軟に対応できる

一生家賃を払い続ける

  • 一般的な家賃を60,000円として計算して、退職後15年間の家賃支払い約1、080万円ある。
  • 契約更新料の発生や家賃の上昇が考えられる。
  • 世帯主がなくなれば、遺族はその後も家賃を払い続けながら暮らしていく。

転勤の多い方や、将来両親と同居の可能性がある方
(長男なので両親が亡くなった場合は実家を相続する可能性がある )

● 家賃 VS ローン返済
月々6万円の場合、35年間でどうなるの?

賃貸(家賃35年コスト例)

持家(ローン返済35年コスト例)

家賃
60,000円×12ヶ月×35年

2,520万円

住宅ローン(頭金なし)
60,000円×12ヶ月×35年

2,520万円

2年に一度の更新料
60,000円×(35年÷2)

102万円

修繕費積立金
5,000円×12ヶ月×35年

210万円

家賃上昇は考慮しておりません。
家賃上昇に伴い契約更新料も上昇します

固定資産税
※条件によるので参考まで
60,000円×35年

210万円

諸費用(保証料・不動産取得税・登記費用・火災保険料等)
※条件によるので参考まで

160万円

2,622万円

3,100万円

差額 478万円

※上記は一例です。
◆持家は、35年ローン返済後は、住宅費負担は維持費だけとなりますが、賃貸は、35年目以降つまり生きている限り家賃を払い続けることになります。
 家賃を何十年間も支払うことに対し、持家は、前倒しで35年間で払い終えるイメージです。

◆35年間という期間でみれば、賃貸の方が圧倒的にコストはかかりません。ですが、50年間、60年間と長い期間でみれば、その差は縮まります。
 将来のいつかの段階、例えば6~7年後を考えてみて下さい!家賃の総額が、購入したコストを追い抜くことがイメージできます。

◆家賃補助や社宅などがあって、実質1~2万円程度の住宅費で住める状態が、今後20年以上も続くなら、ずっと家賃を払い続けるほうがよいですし、
 そのような恵まれた状況が維持されるという目算がないのなら、持ち家のほうがお得ということが言えます。
● 住宅購入は今!がチャンス
「今年家を建てた場合」と「5年後家を建てた場合」の違いについて ※このシュミレーションは、家族が皆無事で過ごせたという前提です。

今年家を建てる場合

5年後家を建てる場合

世帯主

35歳

世帯主

40歳

現在の家賃

月6万円

現在の家賃

月6万円

住宅ローン借入額

2,000万円
35年返済(70歳到達)

住宅ローン借入額

2,000万円
35年返済(75歳到達)

金利

1.00%
(今が低金利なので、
今後上昇考えられる)

金利

2.00%
(金利1%上昇を想定)

ローン返済額

毎月56,450円

ローン返済額

毎月66,250円

総返済額

2,370万円

総返済額

2,780万円

ローン完済年齢

70歳(収入は主に年金)

ローン完済年齢

75歳(収入は主に年金)